クリエーター作品を使った、祝電・インテリア アート ブログ
日本のクリエーター作品の祝電で、日本中、そして、世界中をハッピーにしていきます。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author : スポンサードリンク
| - | - | - |
なぜ海老はめでたいのか

 縁起の良い魚の「鯛」と双璧をなすのが「海老」。

 えびは、「鰕、蝦、海老」と書き、平安中期に作られた辞書「倭名類聚鈔(わみょうるいじゅしょう)」(承平年間931年 - 938年)の十巻には「鰕(えび)」が掲載されており、古くから食べられていたようです。


 国立国会図書館デジタル化資料
       ↓
 「倭名類聚鈔 十巻」6ページ


 江戸時代中期の新井白石著語学書「東雅(とうが)」(1717年)には、「エビとは、その体の色が葡萄色(えびいろ)に似ているのでエビと言い、海老の字は、長い鬚と腰が曲がって背が丸いのが老人に似ているためだ」と書かれています。


 近代デジタルライブラリー(国立国会図書館)
       ↓
 「東雅: 20巻目1巻. 4(巻之17-20)」40ページ


 めでたいのは、高貴で魔除けとされる赤色。

 そして、「えび」は、海の老人「海老」とも書き、「腰が曲がるまで」という意味の長寿を表し、めでたいことに使われるようになったそうです。

 また、その姿は、具足や鎧をつけた武将の姿を連想させ、武人としての命運が長く無事が続く「武運長久(ぶうんちょうきゅう)」の意味もあるそうです。

 めでたい正月の蓬莱飾り(ほうらいかざり)にも、伊勢海老が欠かせません。

 伊勢海老は、伊勢の海で多くとれて京都へ送られたため、伊勢海老と言い、伊勢神宮の縁起があり、由緒ある神嘗祭(かんなめさい)にも三尾お供えされるほど、昔から縁起が良いとされてきたようです。




めでたい日に、祝電を贈りましょう!
 結婚式、出産祝いにも↓
 祝電専門 お祝電報・結婚電報の「文亭:ふみてい」











↓現在の順位は、、
 ネットサービスブログランキング
↓こちらの順位は、、、
 人気ブログランキング(ネット・PC全般)

ライフスタイル ブログランキング 









JUGEMテーマ:お祝い

author : 祝電専門サイト お祝電報・結婚電報の「文亭:ふみてい」/田村
| お祝い | comments(0) | trackbacks(0) |
祝電、結婚式電報専門 お祝電報・結婚電報の「文亭:ふみてい」
祝電・結婚式電報

Yahoo!ブックマークに登録